ニュージーランドワーホリ情報

ニュージーランドの賃貸物件の家賃相場と物件事情を徹底解説

ニュージーランドの賃貸物件の家賃相場と物件事情を徹底解説

ニュージーランドにワーホリ(ワーキングホリデー)など、長期滞在する場合は、多くの方が「フラット」と呼ばれるシェアハウスに住むことになります。

 

「シェアハウス」とは、一軒家やアパートなどに、複数人で住み、リビングやキッチン、バスルームなどを共同で使い生活する家の事を言います。

 

ニュージーランドの各フラットには、オーナーと呼ばれる、フラットの持ち主がいて、フラットをワーホリや留学生に又貸ししています

 

フラットは、家賃が安く、引っ越しなの事を言いますども簡単に行うことが出来ますが、見ず知らずの他人との共同生活がストレスに感じる人もいます。

 

この記事では、以下のような悩みを持つ方の為に、ニュージーランドの賃貸物件事情と、賃貸の家賃相場を徹底解説しています。

こんな方にオススメ

  • ニュージーランドで1人暮らしがしたい
  • 仲のいい友達同士で一緒に住みたい

 

関連記事

 

ニュージーランドの賃貸物件事情

 

ニュージーランドの賃貸物件は、日本のようなワンルーム(1つの部屋とキッチン・バスルーム)と呼ばれる部屋が少なく、ほとんどが「2LDK~5LDK」の間取りです。

 

また、間取りの表記も日本と違い、リビングやダイニングは、掲載せずに部屋数とバスルーム数のみの表記となります。

 

たとえば、上記の「2LDK」の場合、ニュージーランドでは「2 Bed room 1 Bath room」と表記されます。

 

家賃は、部屋を管理している不動産会社によって違いますが、1週間~2週間ごとの支払いです。

 

家具などは、部屋によって違いますが、ベッドや洗濯機、冷蔵庫など基本的なものは、付属されていることが多いです。

 

中には、家具がついていない部屋もあります。

 

部屋を探す時の注意点は、後ほど説明します。

ココがポイント

  • ニュージーランドの賃貸物件は、ワンルームが少ない
  • ニュージーランドの賃貸物件は「Bed roomとBath room」で表記される
  • 家賃は、1週間~2週間払い
  • 家具は備わっている場合が多い

 

ニュージーランドの賃貸物件の種類

 

ニュージーランドの賃貸物件の種類は以下のようなものがあります。

 

ニュージーランドの賃貸物件の種類

  • House(一軒家)
  • Studio(日本でいうワンルームマンション)
  • 1 Bed room(1LDKマンション)
  • 2 Bed room(2LDKマンション)
  • 3 Bed room(3LDKマンション)

 

ニュージーランドの賃貸物件の家賃相場

 

ニュージーランド主要都市の賃貸物件の家賃相場は、以下の通りです。

 

家賃はすべて1週間分で表記しています。

 

都市物件数1 Bed room2 Bed room3 Bed room
オークランド2,951件400ドル~450ドル500ドル~800ドル600ドル~800ドル以上
ウェリントン735件300ドル~500ドル450ドル~600ドル600ドル~800ドル以上
クライストチャーチ1,395件200ドル~300ドル300ドル~400ドル400ドル~500ドル
クイーンズタウン156件500ドル~600ドル600ドル~800ドル800ドル~

物件数は、オークランドが1番多くあります。

 

仮に、オークランドで1人暮らしをした場合の1か月の家賃は以下の通りです。

オークランドで1人暮らしをした場合

400ドル/週×4週=1,600ドル(約115,000円/1ドル72円)

 

またクライストチャーチは、オークランド次いで物件数が多いにも関わらず、家賃が非常に安いです。

 

もし、ニュージーランドで賃貸物件を借りたい場合は、クライストチャーチがおすすめです。

ココに注意

クイーンズタウンは、年間に契約出来る物件数が決まっているため、募集している物件が少ないです。

抽選になるため、ワーホリなど滞在期間が決まっている場合は、賃貸物件を契約するのは難しいです。

 

ニュージーランドの賃貸物件の探し方

 

ニュージーランドの賃貸物件を探すには、「TradeMe」を使います。

 

「TradeMe」とは、ニュージーランドの物件から、仕事などを探すことが出来るクラシファイドです。

 

step
1
ニュージーランドの賃貸物件を探す手順1

 

 

step
2
ニュージーランドの賃貸物件を探す手順2

 

 

step
3
ニュージーランドの賃貸物件を探す手順3

 

 

step
4
ニュージーランドの賃貸物件を探す手順

 

上記の手順で、気になる物件を探したら、その物件を管理する不動産会社に連絡をして、内見に行きます。

 

内見後、問題がなければ契約して、引っ越すことが出来ます。

 

ニュージーランドの賃貸物件を探す時の注意点

 

先ほど、ニュージーランドの賃貸物件には、基本的な家具が備わっていると書きましたが、中には、家具が備わっていない物件もあります。

 

家具が備わっているかどうかは、以下のように確認します。

 

 

また、内見時には以下の事を確認するようにしましょう。

 

内見時に必ず確認すること

  • ミニマムステイ(住まなければいけない最低の期間 通常は6か月)
  • 光熱費インターネット代は家賃に含まれているか(含まれていないことが多い)
  • 退去する場合は何週間前に知らせなければいけないか(通常は4週間前)
  • 家賃は何週払いか(通常は1週間または2週間払い)

 

ニュージーランドの賃貸物件に敷金・礼金はあるのか?

 

ニュージーランドの賃貸物件にも、敷金・礼金はあります。

 

敷金は、「Bond(ボンド)」と呼ばれ、通常は家賃の4週間分を支払います。

 

退去時の部屋の状態によって、返金される額は変わってきます。

 

礼金は、「Letting Fee(レッティングフィー)」と呼ばれ、通常家賃の1週間分に、12.5%の消費税(GST)が加わったものを支払います。

 

また、契約の際には、上記の敷金・礼金に加えて、1週間~2週間分の家賃を支払います。

賃貸物件を契約する際に必要な費用

家賃400ドル/週として

ボンド(敷金)1,600ドル+レッティングフィー(礼金)450ドル+レント(家賃)2週間分800ドル=2,850ドルを契約時に支払う

 

以上を支払って、賃貸物件の契約が完了します。

まとめ

 

いかがでしょうか。

今回のまとめ

  • ニュージーランドの賃貸物件は、1人暮らしや友達同士で一緒に住みたい方におすすめ
  • ニュージーランドの賃貸物件はTradeMeで探す
  • ニュージーランドの賃貸物件数は、オークランドが一番多い
  • ニュージーランドの賃貸物件の家賃は、クライストチャーチが一番安い
  • ニュージーランドの賃貸物件は、基本的な家具は備わっているが、中には備わっていない物件もある
  • ニュージーランドの賃貸物件にも、敷金・礼金は存在する
  • ニュージーランドの賃貸物件を契約する際には、敷金(ボンド)・礼金(レッティングフィー)・レント(家賃)1週間~2週間分を支払い、契約が完了する

 

関連記事

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ニュージーランドワーホリ情報
-

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5