ニュージーランドワーホリ情報

ニュージーランドから日本に荷物を送る方法【JAPAN SPEED PACK】を解説

ニュージーランドから日本に荷物を送る方法【JAPAN SPEED PACK】を解説

 ニュージーランドにワーホリ(ワーキングホリデー)や留学、旅行などをした際、滞在中に増えてしまった荷物を、日本へ送りたいというかたも多いと思います。

 

この記事では、ニュージーランドとオーストラリアでサービスを受けることが出来る、「JAPAN SPEED PACK」の、配送方法と料金を、徹底解説します。

 

10㎏以上の荷物を、段ボール2箱以上送る場合は、今回紹介する配送方法がおすすめです。

関連記事

 

ニュージーランドから日本に荷物を送るサービス JAPAN SPEED PACKとは

 

JAPAN SPEED PACK(以下JSP)」とは、ニュージーランドとオーストラリアで、日本への配達サービスを担っている配送業者です。

 

ニュージーランドには、オークランド、クライストチャーチ、クイーンズタウンにオフィスがあります。

 

JSPは、荷物を別送品として、日本に配送します。

別送品とは?

別送品とは、海外滞在中に不要になった身の回り品やお土産を、携帯品(機内に持ち込む荷物)以外で、渡航先から、宅配や郵便で送る荷物のことを言います。

別送品で送った荷物は、原則として帰国から6か月以内(一時帰国可)に、輸入するものに限り、簡易な手続きで通関出来ます。

 

上記のように、別送品で送る場合、6か月以内に手続きをする必要があるので、この配送方法を利用するには、「日本に帰国する(一時帰国可)」が条件になります。

 

JAPAN SPEED PACKの特徴

 

JSPの特徴は以下のようなもが、あげられます。

JSPの特徴

  • 指定段ボールを無料配布
  • 日本語対応
  • 段ボール2箱以上を送る場合、2つ目から割引あり
  • 帰国までの2か月間は、倉庫にて荷物の保管が出来る
  • 集荷サービスあり(別途費用が必要)
  • 着払いが可能(手数料1,200円/1件が必要)

 

JAPAN SPEED PACKの料金

 

JSPの料金は、以下の通りです。

 

荷物サイズ重量料金2箱目以降
スモール37 x 45 x 46cm15㎏まで250ドル150ドル
ラージ38 x 48 x 59cm25㎏まで320ドル200ドル
ワインパック(6本以内)1本/720mlまで190ドル
ワインパック(12本以内)1本/720mlまで255ドル
スーツケース1辺の長さ90㎝以内30㎏まで370ドル250ドル
スキーパック長さ2m以内15㎏まで280ドル
自転車15㎏まで340ドル

ココがポイント

実容量が大きい荷物が1つ目の料金適用になります。

たとえば、段ボールと自転車などを組み合わせた場合、段ボールが自転車より軽いと2個目以降の料金が適用され、お得に送ることが出来ます。

 

さらにたくさんの荷物を送りたい場合(引っ越しなど)は、エコノミー便がお得に送ることが出来ます。

エコノミー便の料金

JSP指定段ボール6箱/125㎏まで:780ドル

段ボール1箱追加/20ドル

 

JSPから荷物を送ると安い?

 

JSPから荷物を送るのは、郵便局(NZ POST)から送るよりも安いのか?

 

答えは、10㎏以上の段ボールを2箱以上送ると、JSPのほうが安くなります。

 

10㎏の荷物1つの場合、郵便局(NZ POST)は、約217ドルで送ることが出来ますが、JSPは250ドルかかります。

 

しかし、JSPは2箱目以降は、割引が適用されるのでお得に送ることが出来ます。

10㎏の荷物を2箱送る場合

郵便局(NZ POST):217ドル×2=434ドル

JSP:1箱目250ドル+2箱目150=400ドル

 

詳しくは以下の記事に書いています。

関連記事

JSPでニュージーランドから日本に荷物を送る手順

 

step
1
段ボールと申請書を用意

 

段ボールと申請書は店舗で受け取ることが出来ます。

 

また、申請書はJSPの公式サイトからダウンロードすることも出来ます。

申請書をダウンロードする

 

step
2
申請書の記入

 

申請書はすべて日本語で記入します。

 

step
3
申請書と荷物を店舗へ持っていく

 

ココに注意

スーツケースなど鍵がついているものは、鍵を掛けない。

 

step
4
手続きと支払い

 

荷物の重量などをチェックし、支払いをします。

 

この時に以下の書類を受け取ります。(以下の帰国後の手続きで必要になります

帰国後に必要な書類

  • 別送品申告書:2通
  • 投函専用茶封筒:1枚(切手不要)
  • 申込書控え:2枚(投函用も含む)
  • 説明案内:2枚組

 

JSPでニュージーランドから荷物を送った際の帰国後の手順

 

step
1
別送品申告書に記入

 

入国までに、先ほど紹介した別送品申告書2通に記入しておく必要があります。

 

step
2
日本の税関にて申告書を提出

 

入国審査後の税関で、係員に申告書2枚を提出します。

 

スタンプを押されて、1枚は返却されますので、必ず保管するようにしてください。

 

ココに注意

 入国の際に、自動入国ゲートを利用して入国をすると、パスポートに入国スタンプが押されませんので、その場合は、係員を訪ねて入国スタンプを押してもらうようにしてください。

 

step
3
帰国後各書類を送付

 

帰国後は、以下の書類を投函専用茶封筒にいれて送付してください。

 

送付する書類

  • 申込書控え:1枚
  • 税関のスタンプ済みの別送品申告書:1通
  • パスポートのコピー(顔写真・出入国スタンプページ)

 

step
4
配達される

 

上記の書類を送付後、約1週間(エコノミー便は3週間)で、自宅に宅配されます。

 

ニュージーランドから日本に送れない荷物および関税が必要になるもの

 

ニュージーランドから日本に荷物を送る際に、送れない荷物または、関税が必要になるものがあります。

 

関税とは、海外から荷物を持ち込む際にかかる税金の事を指します。

 

送れない荷物

  • 肉製品
  • 卵・乳製品
  • 現金などの貴重品
  • モバイルバッテリー

関税が必要なもの

  • お酒(ワインを含む:4本以上 1本760ml)
  • たばこ(400本を超える場合)
  • 香水(3オンス以上 1オンス約28ml)

詳しくはこちらの記事を参照してください。

関連記事

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

今回のまとめ

  • JSPは別送品として日本に荷物を送ることが出来る
  • 2箱以上送ると割引が適用される
  • 10㎏以上の荷物を2箱以上送ると郵便局(NZ POST)から送るよりもお得に送ることが出来る
  • 申込書と別送品申告書は必ず保管する

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ニュージーランドワーホリ情報
-,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5