オーストラリア

オーストラリアは雇用形態によって最低時給が違う【実際の給料も公開】

 

「オーストラリアの最低時給が知りたい。雇用形態によって給料って変わるの?休日は時給アップって聞いたけどほんとう?オーストラリアで仕事を探しているが、違法な時給もあると聞いて不安なので、正しい情報が知りたいです」

 

このような疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • オーストラリアは雇用形態によって最低時給が違う
  • 2020年7月からオーストラリアの最低時給が19.84ドルに!
  • オーストラリアは休日の最低時給がアップ
  • 違法時給で働いている場合はどうしたらいいのか?

 

本記事を書いているわたしは、ワーホリ歴3年
現在はカナダに滞在。オーストラリア、ニュージーランド、カナダでワーホリ経験があります。オーストラリアは、メルボルン、ゴールドコースト、ブリスベンに滞在していました。

 

オーストラリアは、世界最高の最低時給を誇る国ですが、あまり世間は知られていません。もちろんそのことを知らずに、違法時給で働いている方が大勢います。

 

そのような方は、オーストラリアの雇用形態について理解していないことが多いので、本記事では、雇用形態を出来るだけ分かりやすく解説して、実際にわたしが稼いだ給料を公開します。

 

オーストラリアは雇用形態によって最低時給が違う

 

オーストラリアで働くには、自分がまずどの雇用形態で雇われているかを確認しましょう。

  • フルタイム:19.49ドル
  • パートタイム:19.49ドル
  • カジュアルタイム:24.36ドル

 

上記の通りです。

 

このどれにも当てはまらなかった場合、違法時給のお店で働いている可能性があります。
対処法は後ほど詳しく解説します。

 

まずは雇用形態について、詳しく解説します。

 

フルタイム

 

最低時給が19.94ドルあります。

 

年4週間の有給があり、スーパーアニュエーション(確定拠出年金みたいなもの)もあります。

 

また、1週間の就労時間が38時間以上保証されていて、通告もなく解雇は出来ません

 

フルタイム雇用は、日本でいう正社員がこれにあたります。
ワーホリや留学生はフルタイムで雇われることはほとんどありません。

 

参考【オーストラリアの有給休暇】ワーホリでも有給休暇は取れるのか【結論、ワーホリでも有給は取れる】

 

パートタイム

 

最低時給が19.49ドルあり、年4週間の有給スーパーアニュエーションもあります
※ワーホリの場合同じ雇用主のもとで働けるのが6か月と決まっているので、有給は最高2週間分取ることが出来ます。

 

38時間以内の就労時間が保証されていて、通告なく解雇することは出来ません
フルタイムとの違いは、週の就労時間が違います。

 

パートタイムは、日本のバイトや派遣のようなものです。

 

ワーホリや留学生でも、パートタイムで雇用されることはあります。

 

実際にわたしは、メルボルンの職場ではパートタイムとして働いていました。
2週間の有給とスーパーアニュエーションも貰えました。

 

カジュアルタイム

 

最低時給は、24.36ドルありますが、有給とスーパーアニュエーションがありません

 

また、週の就労時間に保証もなく事前通告なしで解雇することが出来ます

 

カジュアルタイムも、日本でいうバイトや派遣に近いです。

 

週にどのくらい働けるかわからない為、最低時給が高く設定されています。

 

多くのワーホリや留学生はカジュアルタイムで雇用されます。

 

2020年7月からオーストラリアの最低時給が19.84ドルに!

 

2020年6月にオーストラリア政府より発表があり、2020年7月1日以降のフルタイム・パートタイムの最低時給が、従来の19.49ドルから19.84ドルまたは、752.80ドル/週へと変更になります。
カジュアルタイムの場合は、最低時給から25%上乗せとなりますので24.8ドルとなります。

 

ただし、変更時期が職業によって違いますので、注意しましょう。
ワーホリや留学生の多くが、飲食店で働くことになると思いますが、飲食店の変更時期は、2021年2月に適用される予定です。

 

その他の職業は、>>コチラから確認することが出来ます。

 

オーストラリアは休日の最低時給がアップ

 

オーストラリアは、休日の時給が、1.25倍~2倍近くアップします。

 

カジュアルタイムで2倍アップすると、50ドル(約4,000円)近くの時給になりますので、相当稼げますよね。

 

ただし、それ相応の能力が必要になります。英語力はもちろんのこと、それ以外の事でなにか秀でていないと働かせてはくれません。

 

わたしが働いていたお店でも、1年以上働いている方が居ましたが、休日にシフトを入れてもらうことは出来ませんでした。

 

英語も仕事も頑張れば、それなり稼ぐことが出来ます。

 

実際にどれくらい稼げるのか?

 

実際にどのくらい稼げるのか疑問に思うかもしれませんので、2019年当時のわたしの給料を公開します。

クリックで拡大

 

わたしの職場は給料が週払いでしたので、税金を引いて、600ドルぐらいを1週間でもらっていました。※土曜日は時給が、1.25倍になります。

単純計算で月に2,400ドル(約19万円)ぐらいです。週によって変動しますが、大体これぐらいです。※祝日は時給が2倍だったので、その時は、1.5倍近くなりました。

 

注意

この職場の後に、違法時給のお店で働きましたが、給料は半分ぐらいになりました。

 

違法時給で働いている場合はどうしたらいいのか?

 

ここまで読んで『あれ?自分、違法時給で働いてるかも・・・』と思ったかたも多いかもしれません。

 

そのような方は、『Fair Work』というオーストラリアの労働基準局へ相談することが出来ます。

 

ありがたいことに、日本語対応しています。

 

職場に関しての質問や賃金について、『おかしいな・・・』と思ったら相談してみて下さい。

 

Fair Workは>>コチラから(日本語対応しています)

 

まとめ:オーストラリアは雇用形態を理解したら稼げる

 

以上、オーストラリアの雇用形態、最低時給についてまとめました。

 

雇用形態が理解出来たら、あとは仕事を探すだけです。

 

個人的には、有給とスーパーアニュエーションが貰えるパートタイム雇用を狙うのがいいと思います。

 

有給は使わなかったら、退職時に2週間分の給料としてもらうことが出来るからです。

 

仕事の探し方は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

参考【経験者が語る】メルボルンで仕事探し時に使う求人サイトは3つで十分
参考オーストラリアワーホリで失敗しない3つの仕事の探し方【おすすめの仕事も紹介】

参考【経験者が語る】メルボルンで仕事探し時に使う求人サイトは3つで十分

続きを見る

参考オーストラリアワーホリで失敗しない3つの仕事の探し方【おすすめの仕事も紹介】

続きを見る

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-オーストラリア
-

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5