ニュージーランドワーホリ情報

【必見】ニュージーランドのレンタカーの借り方を分かりやすく解説

【必見】ニュージーランドのレンタカーの借り方を分かりやすく解説

 

ニュージーランドには、たくさんの観光名所があります。

 

ツアーで名所を巡るのもいいですが、せっかくなら、ニュージーランドの広大な大地を、自分で運転して名所を巡りたくないですか?

 

それには、レンタカーを借りる必要がありますが、「どうやってレンタカーを借りたらいいのかわからない」というかたも多いと思います。

 

ニュージーランドは、レンタカーを非常に安く借りることが出来る国です。初めての方でもネットから簡単に予約することが出来ます。

 

また、ニュージーランドでは、日本車が多く流通しており、右ハンドル左車線と、日本と同じ条件で運転することが出来ます。

 

今回の記事では、ニュージーランドのレンタカーの借り方と、注意点について紹介します。

 

初めて借りる方でも、安心して借りられるように、簡単な英語のテンプレートも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事

ニュージーランドのレンタカーを借りるために、まずは料金の相場

 

ニュージーランドのレンタカーは、格安レンタカー会社で、1日(24時間)30NZD前後(約2,000円~)で借りることが出来ます。

 

上記の料金に、「保険代」、「ガソリン代」が追加で必要になります。

 

すべて含めると、約60NZD前後(約4,500円)でレンタカーを借りることが出来ます。

 

ニュージーランドのレンタカーはどのレンタカー会社で借りればいいのか

 

ニュージーランドには、以下のようなレンタカー会社があります。

ニュージーランドのレンタカー会社

    • ACE rent a car
    • ADVANTAGE rent a car
    • Alamo
    • AVIS
    • Budget
    • Hertz
    • Economy
    • enterprice
    • Europcar
    • ez rent a car
    • Fire Fly car rental
    • FOX rent a car
    • JUCY

上記の中でも、よく使われている会社は、「ACE」「AVIS」「HERTZ」「Budget」「JUCY」でしょう。

 

AVIS」や「Budget」「Hertz」は、世界的に大手のレンタカー会社で、「ACE」「JUCY」は格安レンタカー会社です。

 

わたしが、当時(2017年~2018年)ニュージーランドに住んでいたころは、よくACEレンタカーを利用していました。

 

理由は、ニュージーランドのレンタカー会社で、ダントツで料金が安いからです。

 

大手のレンタカー会社も利用したことがありますが、倍ぐらいは値段が違いました。

 

以下に、大手のレンタカー会社と、格安レンタカー会社のメリット、デメリットを紹介します。

大手のレンタカー会社

メリット

サポートがしっかりしている

空港に店舗があることが多い

日本語に対応している場合もある

デメリット

料金が高い

格安レンタカー会社

メリット

料金が安い

デメリット

店舗が離れた場所にある(無料送迎がある場合もある)

基本的に古い車が多い

 

予算に併せて、レンタカー会社を選ぶのがいいでしょう。

 

わたしは、レンタカー代を節約したかったので、いつも格安レンタカーを借りていました。

ニュージーランドのレンタカーを借りる時の選び方

 

上記で紹介したレンタカー会社を、まとめて検索できる「Rentalcars.com」というサイトがあります。

 

わたしも、海外でレンタカーを借りるときは、いつも利用しています。

 

使い方は、以下のように、アクセスし国、都市、地域を選択していきます。

 

選択をして、検索すると、以下のように各レンタカー会社の料金が、エリア別に一覧で表示されます。

 

 

借りたい地域を選び、気に入った車を選択します。

 

 

予約に進む」から、予約をしていきます。

 

個人情報を入力後、加(チャイルドシートやカーナビなど)で必要なものを選択します。

 

その後、レンタカー会社によっては、保険を申し込む必要があります

 

今回、例で挙げたレンタカー会社には、料金に保険代が含まれているので、追加で払う必要はありません。

 

以上で、ニュージーランドのレンタカーの予約は完了です。

Rentalcars.comはこちら

ニュージーランドでレンタカーを借りる時の受け取り方

 

上記の方法で、レンタカーの予約が出来れば、店舗に直接レンタカーを取りに行きます。

 

ニュージーランドでレンタカーを借りるには、以下のものが必要です。

必要なもの

  • 日本の免許証
  • 国際免許証または、日本語免許証の翻訳、またはニュージーランドの免許証
  • パスポート(ニュージーランドの免許証の場合は不要)
  • クレジットカード
  • 予約証明書(スマホに届いたメールで可)

 

店舗についたら、受付の方にレンタカーを予約していることを伝えましょう。

 

以下が、レンタカーを受け取る時の会話集です。

自分:「I have a car reservation(レンタカーを予約しています)

スタッフ:「I check the reservation.(予約を確認します)

スタッフ:「May I take  copies of your passport and driver’s license?(パスポートと免許証のコピーをとってもいいですか?)

自分:「Sure here you are(もちろん。どうぞ)

スタッフ:「Would you like to get insurance?(保険はどうしますか?)

自分:「I have got insurance for rentalcars.com.(レンタカードットコムで保険に加入してあります)

スタッフ:「ok here is your key and the contract(わかりました、ではこちらが鍵と契約書です)

スタッフ:「Your car is over there have a good trip(車はあちらにあります。良い旅を)

大まかな会話は、このような感じです。

 

また、レンタカードットコムで予約した際に、保険に加入している場合でも、店舗で、保険に加入するように促されますが、保険には加入済みであることを、きちんと伝えましょう。

 

わたしは、2度ほど英語が聞き取れず、2重で保険に加入したことがあります。

 

また稀に、車を無償でアップグレードしてくれる場合もあります。

 

Hertz」でレンタカーを借りたときは、4人乗りの小さなコンパクトカーを予約したのですが、無料でアップグレードをしてもらい、ハリアーを借りることが出来ました。

 

レンタカーを借りるときの保険について

 

ニュージーランドでレンタカーを借りる際は、必ず保険に加入するようにしましょう。

 

ニュージーランドの道路は、日本のように整備されていません。その為、思わぬ破損などに繋がります。

 

たとえば、飛び石です。ニュージーランドの広大な大地ゆえに、道端に転がる石も多くあります。

 

飛び石とは、前に走っている車が跳ね上げた、石が窓に当たって、傷が入ることを言います。

 

ニュージーランドは、高速道路がないので、下道でも100キロ制限の場所があります。100キロ近いスピードで走って、石がぶつかると、最悪の場合、窓が割れます。

 

また、夜間などは、車のライトに動物が飛び込んできます。大きい動物だと、大事故並みに車が破損します。

 

このように、不測の事態に備えて、保険には加入しておきましょう。

 

レンタカー会社などにもよりますが、1日1,000円前後から、加入出来ます。

 

加入する際は、免責額が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

免責額とは、事故にあった際などに、契約者(運転手)が自分で負担しなければいけない費用の事を言います。

 

保険によっては、免責額が0円の保険(フルプロテクションなどと呼ばれている)がありますので、費用は少しかかりますが、万が一の際に備えて、加入しておくことを、おすすめします。

 

ニュージーランドでレンタカーを借りるときに不要なもの

ニュージーランドでレンタカーを借りる際に、余分な費用を掛けないためにも、不要なものは、予約しないようにしましょう。

予約不要なもの

カーナビ

スマホがあれば、カーナビは不要でしょう。

 

SIMフリースマホを用意して、Google MAPを活用しましょう。

 

Google MAPは、ルート検索してから、機内モードにすれば、通信容量を消費することなく使うことが出来ます。

ニュージーランドでレンタカーを借りるときの注意点

ニュージーランドでレンタカーを借りる際には、いくつか注意点があります。

 

ニュージーランドのレンタカーを借りる時の注意点1

ニュージーランドのレンタカーを借りる際は、「年齢制限がある」場合があります。

 

ニュージーランドの法律的には、レンタカーを借りれるのは、21歳以上となっています。

 

ルールは、各レンタカー会社によりますが、「25歳以下場合は、貸し出さない、または別料金」としている場合があります。

 

予約時に必ず確認しましょう。

 

ニュージーランドのレンタカーを借りる時の注意点2

ニュージーランドでは、ロードトリップをする方も多いです。

 

ロードトリップ中では、キャンプや車中泊をするのが、醍醐味ですが、ニュージーランドは、基本的に「車中泊が禁止」です。

 

たとえ、キャンピングカーであっても、所定のキャンプ場以外は、禁止になっています。

 

違反した場合の罰金は、州によって異なりますが、かなり高額です。

 

所定のキャンプ場か確かめるには、看板を見つけましょう。

 

NO CAMPING」と書いている場所は、キャンプ、車中泊が出来ない場所です。

ニュージーランドでのガソリンの入れ方

ニュージーランドのレンタカーは、「満タン返し」が一般的です。

 

ガソリンスタンドは、レンタカーを受け取った店舗の近くにある場合が多いです。

 

給油は、基本的にセルフサービスです。

 

店舗によっては、ガソリンを入れたら、お店(コンビニのようなもの)で支払う場所もあります。

 

以下の写真を参考にしてください。

支払いの際には、入れた場所の番号が必要になりますので、必ず確認しましょう。

 

番号は、柱などに書いています

 

ガソリンの種類は、通常「91番」を入れます。これは、日本で言うレギュラーです。

 

ニュージーランドでレンタカーで借りる車は、ほとんどがこの「91番」です。

 

何番のガソリンを入れるかについては、レンタカーを借りたときに貰える書類に書いていますので、確認して下さい。

ポイント

ニュージーランドでは、ガソリンの事を、「Petrol(ペトロール)」と言います。

ガソリンは「91番」を入れる。

 

また、初めての車で「給油口がどちらについているかわからない」というかたも多いと思います。

 

実は簡単に見分ける方法があるので、併せて紹介します。

 

以下の写真をご覧ください。

このように、初めて乗る車でも、簡単に給油口の場所が分かります。

 

レンタカーを借りたら、まずは、このマークを確認しましょう。

ニュージーランドのレンタカーの借り方まとめ

 

今回のまとめ

ニュージーランドのレンタカーの相場、1日(24時間)30NZD前後~

大手のレンタカー会社は、「AVIS」や「Budget」「Hertz」がある

格安レンタカー会社は、「ACE」「JUCY

ニュージーランドでレンタカーを借りる際は、必ず保険に加入する

ニュージーランドでレンタカーを借りる際は、年齢制限がある場合がある

ニュージーランドは、決められた場所以外の車中泊は禁止

ニュージーランドでレンタカーを返却する際は、満タン返しが通常

ニュージーランドのレギュラーガソリンは、「91番

 

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ニュージーランドワーホリ情報
-, ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5