ニュージーランドワーホリ情報

【世界一優しい解説】ニュージーランドのIRDナンバー申請方法

【世界一優しい解説】ニュージーランドのIRDナンバー申請方法

ニュージーランドで、ワーホリ(ワーキングホリデー)や、留学中に働く時に必要になるのが、「IRDナンバー」というものです。

 

「IRD」とは、「Inland Revenue Department」の、日本の国税局にあたる機関のことで、その番号「IRDナンバー」とは、納税者番号を指します。

 

IRDナンバーの申請は、2017年に申請方法の変更があり、紙ベースの申請方法または、オンラインでの申請が可能となりました。

 

この記事では、この2種類の申請方法の解説と、「申請したけど、番号を失くしてしまったまたは、番号の通知が来ない」時の解決方法を紹介します。

関連記事

 

ニュージーランドのIRDナンバー申請方法(紙ベース)

 

IRDナンバーの申請には、以下のものが必要です。

申請に必要なもの

  • IRDナンバー申請書IR742
  • 写真付きの身分証明書
  • ニュージーランドの住所証明書
  • ニュージーランドの銀行証明書(バンクステートメント)
  • ビザのコピー
  • マイナンバー

 

IRDナンバー申請書IR742

 

IRDナンバー申請書は、HPからダウンロードまたは、最寄りの郵便局もしくは、AAという機関にて取得出来ます。

 

AAとは、ニュージーランドの自動者協会のことを言います。オークランドの場合、スカイタワー近くにあります。黄色い看板が目じるしです。

関連記事

 

写真付きの身分証明書

 

パスポートのコピーまたは、国際免許証のコピー

 

ニュージーランドの住所証明

 

住所証明書は、ニュージーランドの銀行証明書(バンクステートメント)と併用出来ます。

 

以下で解説します。

 

ニュージーランドの銀行証明書(バンクステートメント)

 

バンクステートメントとは、銀行口座の利用状況を証明する書類です。バンクステートメントには、名前や住所、口座開設日などが記載されています。

 

IRDナンバー申請時には、入出金の明細が必要になりますので、口座を作ったらまずは、入出金をするようにしましょう。

 

バンクステートメントの取得方法は、銀行の窓口にて、「Bank statement please」といえば貰うことが出来ます。

 

関連記事

 

ビザのコピー

 

IRD申請の理由を証明出来るものとして、ビザのコピーが必要です。

 

マイナンバー

 

2017年の法改正に伴い、マイナンバーが必要になりました。

 

また、マイナンバーは必ず、銀行口座を開設した時と同じ番号である必要があります。

 

IRDナンバー申請書IR742の記入方法

 

申請書IR742は以下からダウンロード出来ます。

 

IRDナンバー申請書をダウンロードする

 

画面下部の「Download the form」からダウンロード出来ます。

 

また、申請書は、PDFで直接入力することが出来ます。

 

以下を参考に記入してください。

 

step
1
IRDナンバー申請書記入手順1

 

 

step
2
IRDナンバー申請書記入手順2

 

 

step
3
IRDナンバー申請書記入手順3

 

 

手順3の12番まで記入出来たら、コピーしてサインをします。

 

IRDナンバー申請書類の提出先

 

上記の申請書に記入が出来たら、申請書類(パスポートのコピーなど)を、最寄りの郵便局または、AAに提出します。

 

また、Kiwibankで口座を作った方は、この時にバンクステートメントが不要な場合があります。(Kiwibankは、郵便局と併設されている為、その場で照会が可能)

 

提出後、1週間から2週間で、記入した住所にIRDナンバーが記載されたカードが届きます。

 

もし、2週間以上たっても番号の通達や、カードが来ない場合は、以下の解決方法を参考にしてください。

 

 

ニュージーランドのIRDナンバー申請方法(オンライン)

 

オンラインでIRDナンバーを申請する際に必要な書類は以下の通りです。

 

オンライン申請に必要なもの

  • パスポート
  • ビザ
  • バンクステートメント
  • マイナンバー

 

上記の4つが準備出来たら、ニュージーランド政府のホームページから申請していきます。

 

IRDナンバーオンライン申請はコチラ

 

step
1
IRDナンバーオンライン申請1

 

 

step
2
IRDナンバーオンライン申請2

 

 

step
3
IRDナンバーオンライン申請3

 

 

step
4
IRDナンバーオンライン申請4

 

 

step
5
IRDナンバーオンライン申請5

 

 

step
6
IRDナンバーオンライン申請6

 

 

step
7
IRDナンバーオンライン申請7

 

 

step
8
IRDナンバーオンライン申請8

 

 

step
9
IRDナンバーオンライン申請9

 

 

step
10
IRDナンバーオンライン申請10

 

 

step
11
IRDナンバーオンライン申請11

 

 

以上がニュージーランドのIRDナンバー申請のオンラインでの申請方法です。

 

申請後、早ければ翌日、または数日で、IRDナンバーが記載されたメールが届きます。

 

ニュージーランドのIRDナンバー申請後、ナンバーを受け取ったら

 

IRDナンバーを受け取ることが出来たら、以下に知らせる必要があります。

 

銀行

 

ニュージーランドの銀行は、預金に対した所得税を源泉徴収します。

 

IRDナンバーを届けていない場合、最高税率の税金(33%2018年時点)が利息から差し引かれてしまいます。

 

IRDナンバーを知らせることにより、所得に応じた税率が採用されますので、IRDナンバーが分かり次第、すぐに知らせるようにしましょう。

 

雇用主

 

もし、仕事がすでに決まっている場合は、雇用主にIRDナンバーを知らせるようにしましょう。

 

理由は先ほど述べた通り、所得に応じた税金を支払うためです。

 

これから仕事を探す方は、必ず採用が決まり次第IRDナンバーを提出しましょう。

 

また、IRDナンバーは番号さえ分かれば大丈夫ですので、取得したら必ずメモや写真をとって保管するようにしましょう。

 

IRDナンバーを申請したが、紛失または通達が来ない場合の対処法

 

ここでは、「IRDナンバーを失くしてしまった」「IRDナンバーを申請したが一向に届かない」このような問題の対象法を説明します。

 

また、先ほども書きましたが、IRDナンバーは、番号さえ分かれば良いので、ここでは、再発行の手続きではなく、番号知るための方法です。

 

IRDナンバーを確認するには、下記の番号へ電話します。

 

  • 0800-227774(固定電話からの場合)
  • 049-780-738(携帯電話からの場合)
  • 電話受付時間:月曜~金曜:8:00am~8:00pm 土曜:9:00am~1:00pm

上記の電話番号へ電話をすると、まず音声案内が流れます。

 

案内に沿って進んでいくとオペレーターへつながります。

 

英語が不安な方は、「Japanese translator please」といえば、通訳の方が対応してくれます。

 

自分と通訳とオペレーターの3人で会話をするような感じです。

 

あとは、IRDナンバーが必要な旨を通訳の方に代弁してもらい、番号を手に入れることが出来ます。

 

わたしも実際に、IRDナンバーを申請して、2週間がたっても通達が来なかったので、電話をしました。

 

音声案内は、基本的にYESかNOで答える質問ばかりですが、最初は全然聞き取れませんので、何回もチャレンジする必要があります。

 

必ず本人でないといけないので、注意が必要です。

 

また、この方法は、至急IRDナンバーが必要な方も有効です。

 

たとえば、すでに仕事が決まっていて、本契約をするにあたってIRDナンバーが必要な方などが当てはまるでしょう。

 

ニュージーランドのIRDナンバー申請方法まとめ

いかがでしょうか。

 

今回のまとめ

  • IRDナンバーは働く際に必ず必要
  • IRDナンバーを申請するには、申請書を提出するか、オンラインでの申請
  • IRDナンバーを取得したら、銀行と雇用主に提出
  • IRDナンバーを失くしたもしくは、番号が届かない場合は、電話をして確認
  • IRDナンバー確認の電話は、日本人通訳がいるので、代弁してもらう

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ニュージーランドワーホリ情報
-, , ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5