ニュージーランドワーホリ情報

【仕事をゲットするCVの書き方】ワーホリニュージーランド版テンプレートあり

【仕事をゲットするCVの書き方】ワーホリニュージーランド版テンプレートあり

ニュージーランドで仕事を探す時に、必ず必要になるのが、CV(シーブイ)と呼ばれるものです。

 

CVとは、Curriculum Vitae(カリキュラムバイティ)の略で、日本でいう履歴書のことを言います。このCVで、仕事の合否が決まると言っても、過言ではないほど、重要なものになってきます。

 

ニュージーランドでは、CVと言いますが、オーストラリアやカナダでは、Resume(レジュメ)と言います。

 

しかし、英語で履歴書を書いた経験がなく、「どう書いていいのかわからない」という方が大半だと思います。

 

また、ニュージーランドのCV(履歴書)は、日本の履歴書と違い、手書きではなく、ワードなどを用いて、メールで送るのが一般的です。

 

この記事では、3か国にワーホリをした、わたしが、実際に使っていたCVを公開し、その書き方と、ポイントを紹介します。

 

また、今回説明したCVのテンプレートを、特別にアップロードしますので、ダウンロードして活用してください。

関連記事

 

ニュージーランドのCV(履歴書)の書き方

 

ニュージーランドのCV(履歴書)には、決まったフォーマットがないので、書き方は自由です。

 

自分のどの部分を、アピールするかによって、内容も変わってきます。

 

下記にCVのテンプレートをアップロードしていますので、ダウンロードしておつかいください。

 

CVをダウンロードする

 

詳しい記入方法は下記を参照して下さい。

 

 

基本的な書き方は、以下の通りです。

 

基本の書き方

  • 基本情報(名前、住所、電話番号、Eメールアドレス)
  • 職歴(最新のものから順に)
  • 学歴(最終学歴のみ)
  • 趣味
  • その他(英語のレベルや、スキル、アピールポイントなど)

 

すべて英語での記入になりますので、不安な方は、語学学校の先生などに添削してもらうのがいいでしょう。

 

また、職歴欄の仕事内容は、出来るだけ詳しく書きましょう。先方は、この分野をみて、仕事に合う合わないを判断します。

 

全ての職歴を書く必要はありませんが、なるべく応募する職種に近いものを書きましょう。

 

他には、最後のアピールポイントは多いほうが有利です。

 

特にニュージーランドは、自分をアピールできる人が、採用される傾向があります

 

ニュージーランドのCVはカバーレターを準備【テンプレートを用意】

 

カバーレターとは、雇い主に自分のCV(履歴書)を読んでもらうための、添え状のことを言います。

 

雇い主が一番最初に目にする文章なので、非常に重要な書類といえます。

 

主な内容は、CV(履歴書)を凝縮したようなもので、志望動機や、自分の強みなどを書きます。「わたしならこういう場面で役にたちます」というような、アピール性の強い文章にすると良いでしょう。

 

カバーレターはCV(履歴書)と一緒に送付します。直接職場に行くときには必要ありません。

 

カバーレターの内容は以下を参照してください。(カバーレターのテンプレートも先ほどのファイルにあります)

 

 

CVをダウンロードする

 

ニュージーランドのCV(履歴書)を書くポイント

 

CV(履歴書)を書くポイントは4つあります。

 

CV(履歴書)は2枚~3枚で収める

 

雇用主あるいは、採用担当者は、毎日多くのCV(履歴書)をもらいます。そのため、情報量が多いものは、読まれにくい傾向にあります

 

先ほど、「アピールをたくさん書く」と書きましたが、必要な情報を「簡潔にまとめて」書くようにしましょう。

 

たとえば、「中国語が少し話せる」といった特技に、その生い立ちから説明する必要はありません。雇用主は、あなたのそのスキルがほしいのです。

 

カバーレターは必ずつける

 

カバーレターは、人によって必要でないという方もいますが、わたしは絶対に必要だと思います。

 

なぜならば、先ほども書きましたが、カバーレターは自分のCV(履歴書)を読んでもらうための資料です。

 

日々たくさん来る応募の中で、カバーレターに必要な情報をまとめておけば、CV(履歴書)を読まなくても、自分の情報が相手に伝わります。

 

そのために、カバーレターは必ず送付しましょう。

 

アピール部分を最初にもってくる

 

自分のアピールするポイントを最初にもってくることによって、読み手側(雇い主)がどういう人材なのかを把握しやすくなります。

 

アピールするのは、人によって違いますが、たとえば、バリスタに応募をした場合、最初に職歴を持ってきて、経験があることをアピールするのもいいでしょう。

 

ほかには、現地ニュージーランド人は、名前を大きく書きます。それは、まずは名前を覚えてもらう為に、大きくしているそうです。

 

このように、アピールする箇所を、明確にすることによって、採用率が高くなります。

 

メールで送る時は、PDFに変換する

 

日本でも、ビジネスのメールで、エクセルやワードを添付するときは、PDFに変換して送ります。

 

なぜPDFに変換しなければならないのか?

 

それは、エクセルやワードは、相手のソフトのバージョンによって見え方が変わったり、レイアウトが崩れたりするからです。

 

PDFであれば、同じレイアウトで見ることが出来るので、必ずPDFに変換して送るようにしてください。

 

意外とワードのまま送ってしまう方がいるのですが、ニュージーランドでも日本と同じように、ビジネスメールでは、PDFに変換しましょう。

 

ニュージーランドでCVをメールで送る方法

 

CV(履歴書)を送る時のメールが、そのまま第一印象になりますので、ここでの文章は重要になります。

 

例として、わたしがいつも送っているメールをご紹介します。

 

件名:Apply for the○○応募するポジション名

Dear Hiring Manager,

Hello My name is ○○名前 who came to New Zealand for Working Holiday.
Today I saw your career opportunity and I would like to apply for the ポジション名.
I worked 職歴 for 2 year in Japan and 職歴 for 6 month in japan.

I am good communicating with customer and making them feel like.

They would like to come back to my restaurant.

My working holiday visa expiry date is ビザの失効日

I hereby attach my cover letter and CV.

If you would like to get in touch to discuss my application and arrange interview, please contact me.

メールアドレス

電話番号

Thank you,

Yours sincerely.

名前

赤字の部分を直せば、そのまま送ることができます。

 

応募メールを送る際に注意すべき点は、4つあります。

 

応募メールの注意点1

  • ビザの失効日を明記する

ビザの失効日は必ず明記しましょう。

雇用主は、出来るだけ長く働いてくれる人材を探しているので、その期間を示すのは大切です。

応募メールの注意点2

  • 省略形は使わない

省略形とは、「I am」を「I'm」などのように書くことをいいます。

ビジネスメールなどの場合は、省略せずに書くことが丁寧とされています。

応募メールの注意点3

  • 件名は必ずつける

件名は、そのメールの内容を表します。そのため、どういう目的でメールしたのかを明記しましょう。

ポジションによっては、採用担当者が違うこともありますので、送る際にどのポジションに応募したのかを書くといいでしょう。

たとえば、ホールスタッフを希望なら、「Apply for the hall staff」と明記することによって、ホールスタッフの応募とすぐにわかります。

応募メールの注意点4

  • 簡単にアピール文を書く

例にあげたメールでは、このように書いています。

I am good communicating with customer and making them feel like. They would like to come back to my restaurant.(わたしは、お客さんとうまくコミュニケーションをとれて笑顔にすることが出来ます。そしてお客さんは、また来店してくれます)」

難しく書く必要はなく、簡単に伝わりやすいように書くようにしましょう。

ニュージーランドのCV書き方まとめ

 

いかがでしょうか。

今回のまとめ

  • CV(履歴書)には、決まったフォーマットがなく、自由に書いていい
  • アピールする部分を最初に持ってくる
  • アピールは大事だが、長くなり過ぎないように簡潔にまとめる
  • CV(履歴書)は2枚~3枚が適当
  • カバーレターは、CV(履歴書)を読んでもらう為に、必ず必要
  • CV(履歴書)とカバーレターを一緒に送付する
  • メールは丁寧に書くことを意識する

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ニュージーランドワーホリ情報
-, , ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5