カナダ ワーホリ情報

【カナダ 最新コロナウイルスニュース】カナダ政府が発表 カナダ国民支援施策について

どうも皆さま、カナダに来て丸2か月、仕事が決まって約2週間でコロナ問題によって職を失い、カナダ滞在中3分の2をニートで生活している、麺みかんです。

最近、インスタなんかを見ていると、カナダ滞在中のワーホリの人達が次々と日本に帰国しています。わたしも、そろそろ身のふりを考えていかなくてはならない状況に陥ってきました。

そんな中で今回は、このコロナ問題に対して、カナダ政府から、支援金を貰えるかもしれないと情報を見つけたので、ご紹介していきたいと思います。

現在の状況(3月25日現在)

3月25日現在のカナダの感染者数は、

  • 感染者・・・1959人
  • 死亡者・・・27人

と感染者数が日に日に増大していっています。

わたしの住んでいるオンタリオ州の感染者は

  • 感染者・・・588人
  • 死亡者・・・8人

また、引き続きカナダ国内へは、外国人の入国禁止、不要な外出を控えるなどの非常事態宣言がなされています。

また先日23日に、オンタリオ州が必要不可欠なもの以外のサービスを提供する職場の営業停止命令が下されました。

これに伴い、スーパーやドラッグストア、レストラン(テイクアウトのみ)など以外すべてのお店が営業停止となりました。

カナダ国民支援施策

今回の問題の影響で、ワーホリ生のみならず、カナダ国民も多大な影響を受けています。

中には、仕事を辞めざるを得ない人や、国に帰らなければならない人など...

今回は、そういった人へ向けて、少しでも助けになればと思い、記事にしました。

では、その支援施策とはいったいどういうものなのか?

今回は、わたしや他のワーホリの人たちに関係がありそうな部分のみ抜粋します。

支援施策

3月18日(水)にジャスティントルドー首相から新型コロナウイルス対策として、最大820億ドル(6兆1000億円)を拠出することを発表しました。

ここからは、カナダ政府のサイトのSupport to Canadiansの内容を一部ご紹介します。

わたしたちに関係がありそうな記事は、こちらの

Temporary Income Support for Workers and Parents

労働者と子どもを持つ親への臨時所得救済

内容

For Canadians without paid sick leave (or similar workplace accommodation) who are sick, quarantined or forced to stay home to care for children, the Government is:

Waiving the one-week waiting period for those individuals in imposed quarantine that claim Employment Insurance (EI) sickness benefits. This temporary measure will be in effect as of March 15, 2020.
Waiving the requirement to provide a medical certificate to access EI sickness benefits.
Introducing the Emergency Care Benefit providing up to $900 bi-weekly, for up to 15 weeks. This flat-payment Benefit would be administered through the Canada Revenue Agency (CRA) and provide income support to:

・Workers, including the self-employed, who are quarantined or sick with COVID-19 but do not qualify for EI sickness benefits.

・Workers, including the self-employed, who are taking care of a family member who is sick with COVID-19, such as an elderly parent, but do not qualify for EI sickness benefits.

・Parents with children who require care or supervision due to school or daycare closures, and are unable to earn employment income, irrespective of whether they qualify for EI or not.

Application for the Benefit will be available in April 2020, and require Canadians to attest that they meet the eligibility requirements. They will need to re-attest every two weeks to reconfirm their eligibility. Canadians will select one of three channels to apply for the Benefit:

1.by accessing it on their CRA MyAccount secure portal;
2.by accessing it from their secure My Service Canada Account; or
3.by calling a toll free number equipped with an automated application process.

訳すとこんな感じになります。

日本語訳

病気休暇手当がない(または同様の職場環境)状況下で、病気であること、または隔離されている、あるいは子どもの世話をするために家に留まることを強いられているカナディアンである親や労働者に向けて、政府は以下のとおりの支援を提供します。

隔離を要求された個人に対して、従来の失業保険(EI)の申請において発生する1週間の結果待機期間を一時的に廃止します。この一時的な措置は2020年3月15日より有効とします。

従来の失業保険(EI)の申請において、医療機関の証明を必要とする申請条件を一時的に廃止します。

緊急対処手当て(Emergency Care Benefit)を、最大900カナダドル/2週間とし、最大15週間該当者に提供します。これらの定額給付は、カナダ歳入庁(CRA)を通じて管理され、以下を該当者とします。

■ COVID-19が原因で隔離を強いられている、或いはCOVID-19を罹患しているが、失業保険(EI)を得る資格の対象とならない自営業者または労働者。

■ COVID-19を罹患している家族の世話をしている、または高齢の親の介護をしていて、失業保険(EI)を得る資格の対象とならない、自営業者または労働者。

■ 失業保険(EI)を得る資格の有無を問わず、学校の閉鎖により、親による子どもの世話や指導を必要とし、またこれが原因で雇用収入を得ることができない親。

上記の緊急対処手当て(Emergency Care Benefit)の申請に関しては2020年4月より申請可能となります。

該当するカナダ国民は資格要件を満たしていることを証明する必要があります。2週間ごとに該当することを再度証明、そして確認する必要があります。

以下の3つのいずれかの方法で申請出来ます。
1. 「CRA MyAccount」内にて申請
2. 「My Service Canada Account」内にて申請
3. フリーダイヤルに電話して、自動申請案内に従って申請

この中で大事になってくる部分は、下線部のとこです。

支援金が貰える可能性があるのは、いずれかの場合だと思います。

  • 失業保険(EI)を申請する
  • 緊急対処手当て(Emergency Care Benefit)

EIの受給資格

先ほど紹介した失業保険(EI)には受給資格なるものが存在します。

  • 必要とされる労働時間

受給するには、仕事の最終日から1年間(もしくは最後に手当てを受けた時まで)さかのぼって420時間から700時間以上の勤務が必要になります。この労働時間数は各州の失業率によって違います。

  • 失業した理由

自発的に辞めたり、自分の不祥事や不正行為、仕事上の致命的なミスなどで解雇になった場合は受給資格はありません。EIを申請する際には雇用主からのRecord of Employment (ROE)が必要です。

とのことでした。

わたしは、全然労働時間が足りないので、これに該当せず諦めました。

もし、申請する方が居ましたら、こちらから申請出来ます。

緊急対処手当て(Emergency Care Benefit)

こちらの手当は、CRAMy Service Canada Accountにて申請可能とあったので、調べてみると、CRAは、タックスリターンをしたことがある人でないとログインできないとのことです。

ということでMy Service Canada Accountから申請してみることに。

ここからサイトに飛べます。

サイトにアクセスしたらまずは、この画面に飛ぶと思います。

Sing in with GCKeyから、カナダのビザを申請した時に作ったIDでログイン出来ます。

続いてSINを入力して、

最後に生年月日とか秘密の質問なんかを設定していくのですが、ここで問題発生!

EI access codeとやらが分からん!!

多分、雇用主から契約時になんかしらの紙も貰うんだとは思いますが、わたしはまだ正式には契約していない状態...オーナーには来週SINとかいろいろ持ってきてねーと言われたまま、営業停止になったので、どうすればいいのか...

ということで、かなり中途半端な紹介になってしまいましたが、ここからわかる人がいれば、教えてください!

あとこの状態でも、支援が受けれるのかわからる人がいれば、お願いします...

追記※3月25日 カナダ緊急対策手当(CERB)設立

先日3月25日に、カナダ首相による会見で、カナダ緊急対策手当、Canada Emergency Response Benefit (CERB)が設立されることが、発表されました。

以下主な内容です。

  • CONVID-19による影響を受けた結果、仕事や収入を失った人に対して、2000ドル/月、最大4か月の給付
  • 失業保険をすでに受け取っている人の申請は原則不可
  • 手当の申請開始は、4月上旬を予定
  • 申請後、約10日間で受領可能

とのことです。

また、今回の件で、どのビザが申請対象となるのか、わかり次第情報をアップデートしていきたいと思います。

※3月30日追記 オンタリオ州緊急事態宣言の2週間延長

3月30日に、オンタリオ州首相フォード氏が、3月17日に発令した州内の緊急事態宣言は、当初予定されていた終了時期の3月31日以降も延長することを発表いたしました。

現在のところこの緊急事態宣言は、4月14日まで適用される予定ですが、それ以降については、その時点の状況をみて判断されるようです。

また、州内だけで現在1706症例が確認されており、新たな感染者が増えていく一方です。また、その感染経路がはっきりとしていないということも、不安を募らせる要因になってるのかなと感じます。

ただ、こういった政府の判断の速さは素晴らしいもので、国民もそれを真摯に受け止めて自主規制を自ら行っているような感じがします。

海外にいると、日本の事情に疎くなりますが、目にするのは、政府のお偉いさん方が、花見で宴会やパーティーをしているなど、本当にこいつらに国を預けても大丈夫なのか、という気持ちになります。

不安な世の中になっていきますが、それをどうこうできるわけでもないので、まずはその日生き抜くことだけを考えて、予防を徹底するとこから始めていきましょう。

まとめ

日々世界の状況が悪くなる一方で、日本に帰国しようか悩んでいるワーホリの方々や、職を失って日々どうして過ごせばいいのかわからない人へ、少しでもお力になれれば幸いです。

また、皆さまへのお願いでございますが、本記事は少しでも皆さまのお役に立てればと思い掲載していますが、本記事において起こったトラブルに関しましては、当方一切責任を負えませんので、ご了承ください。

日々急速に状況変化する毎日ではございますが、少しでも確かな情報を残していければと思いますので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-カナダ, ワーホリ情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5