オーストラリア

【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ取得条件とは?

【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ取得条件とは?

はてな

『オーストラリアのワーホリビザの取得条件とは?』

『セカンド・サードワーホリビザにも取得条件があるの?』

 

このような疑問に答えます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアのワーホリビザ取得条件を知りたい方
  • オーストラリアのセカンドワーホリビザ取得条件を知りたい方
  • オーストラリアのサードワーホリビザ取得条件を知りたい方

 

【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ取得条件とは?

 

現在(2020年6月現在)のオーストラリアのワーホリビザ取得条件は以下のようなものがあります。

オーストラリアのワーホリビザ取得条件

  • 18歳以上30歳以下
  • 今まで一度もオーストラリアへワーホリをしたことが無い方
  • オーストラリア滞在中に十分な生活が出来る資金を所持している方(約5,000オーストラリアドル)
  • オーストラリア滞在中に扶養する子供が同伴しないこと
  • 健康診断・人物審査の基準を満たしている方
  • オーストラリアに12か月以上滞在する意思がないこと(条件を満たせば延長は可能)
  • オーストラリアとワーホリ協定が結ばれている国のパスポートを所持していること
  • オーストラリアの価値観を尊重し、法律を守ること

 

なんだかいっぱい条件があるなと思うかも知れませんが、簡単にいうと『30歳以下で健康な十分な資金を持っている、善良な日本国民』であればオーストラリアのワーホリビザを取得条件に当てはまります。

 

オーストラリアに12か月以上滞在する意思がないこと』をみて、『オーストラリアって3年間ワーホリ出来るって聞いたけど?』と思うかも知れません。

 

本来ワーホリとは、『休暇を目的として、一時的に滞在を許可したビザ』の事を指し、その期間の費用を補うために就労が許可されています。

 

つまり『就労が目的であってはいけない』ということです。

 

しかし滞在中に一定の条件を満たした場合のみ、『ワーホリビザの期間延長が出来る』という仕組みになっています。

 

この期間延長がいわゆる『セカンド・サードワーホリビザ』と呼ばれるものです。

 

オーストラリアのワーホリビザを自分で申請したい方は、『【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法を丁寧に解説』で丁寧に解説しています。

参考【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法を丁寧に解説

続きを見る

 

では次にワーホリビザのルールについて見ていきます。

ワーホリビザのルール

  • ワーホリビザが発給されてから1年以内にオーストラリアへ入国しなければならない
  • ビザの有効期限は入国してから1年間
  • ビザの有効期間内は何度でも出入国出来る
  • 最長4か月間就学出来る(17週)
  • 就労期間は同一雇用主のもとで最長6か月

 

先ほど『ワーホリ取得条件は30歳以下』と記載しましたが、『入国時は31歳』になっていても大丈夫です。

 

あくまでも取得の条件が30歳以下です。

 

また、入国までの猶予はビザの取得から1年ありますので、焦って渡航する必要もありません。

 

ここまでで『自分はオーストラリアのワーホリビザ取得条件に当てはまっているな』と感じた方は、早速ビザの申請を進めていきましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザは自分でも申請することは出来ますが、年々申請が難しくなってきています

 

初めてで不安な方は、エージェントを通して申請するのが1番確実です。

 

数あるエージェントの中から申請するためには、まずは情報収集が大切です。

 

実はワーホリを始める際に1番大事なのが『情報収集』です。

 

なぜならば、ワーホリの情報は日に日に変わっていくからです。

 

たとえば、2019年まではオーストラリアのワーホリビザの申請に『銀行の残高証明』は必要ありませんでした。

 

最近(2020年4月)では、カナダワーホリにおいての『入国時にカナダ企業からのジョブオファー(内定)が必要』になりました。

 

このようにワーホリに関する情報というのは日々変わっていきます。

 

まずは、無料で出来る資料請求から始めていくのがいいでしょう。

\まずは資料請求/

資料を一括請求する

※資料請求は無料です

 

オーストラリアセカンドワーホリビザの取得条件

 

オーストラリアのセカンドワーホリビザの取得条件は、『1回目のオーストラリアワーホリ滞在中に、指定地域で3か月以上の季節労働をした方』が対象になります。

 

その他年齢制限等は、1回目のワーホリビザと条件に違いはありません。

 

申請方法については『オーストラリアのセカンドワーホリビザを確実に入手する申請方法を解説』で詳しく書いています。

参考【最新版】オーストラリアのセカンドワーホリビザを確実に入手する申請方法を詳しく解説

続きを見る

 

オーストラリアサードワーホリビザの取得条件

 

オーストラリアのサードワーホリビザの取得条件は、セカンドワーホリビザとほぼ同じです。

 

違いは季節労働の期間のみ。

 

セカンドワーホリビザは『3か月の季節労働』に対し、サードワーホリビザは『セカンドワーホリビザ滞在中に半年間の季節労働』になっています。

 

申請方法はセカンドワーホリビザの時と同じですので、上記の記事を参考にしてください。

参考【最新版】オーストラリアのセカンドワーホリビザを確実に入手する申請方法を詳しく解説

続きを見る

 

\まずは資料請求/

資料を一括請求する

※資料請求は無料です

 

オーストラリアのワーホリビザ取得条件についてのまとめ

 

今回のまとめ

  • オーストラリアのワーホリビザ取得条件は以下の通り
  • 18歳以上30歳以下
  • 今まで一度もオーストラリアへワーホリをしたことが無い方
  • オーストラリア滞在中に十分な生活が出来る資金を所持している方(約5,000オーストラリアドル)
  • オーストラリア滞在中に扶養する子供が同伴しないこと
  • 健康診断・人物審査の基準を満たしている方
  • オーストラリアに12か月以上滞在する意思がないこと(条件を満たせば延長は可能)
  • オーストラリアとワーホリ協定が結ばれている国のパスポートを所持していること
  • オーストラリアの価値観を尊重し、法律を守ること

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-オーストラリア
-

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5