オーストラリア

オーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明を添付する方法を解説

オーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明を添付する方法を解説

はてな

『オーストラリアのワーホリビザの申請時に残高証明が必要になった?』

『残高証明の添付はどうやってするの?』

 

このような疑問に答えます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアのワーホリビザ申請時に必要な残高証明の取得方法を知りたい方
  • オーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明を添付する方法を知りたい方

 

オーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明を添付する方法を解説

 

2019年4月より、オーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明の添付が必要となりました。

 

オーストラリアのワーホリビザを自分で申請したい方は、『【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法を丁寧に解説』で丁寧に解説しています。

参考【2020年最新版】オーストラリアのワーホリビザ申請方法を丁寧に解説

続きを見る

 

残高証明の添付方法は下記を参照ください。

 

 

残高証明は、ワーホリビザを申請時の最後のページで添付します。

 

全ての記入が済むと、上記の画面に進みます。

 

上記画面の『Evidence of funds・・・』をクリックし、ファイルを選択して添付します。

 

上段の『Travel Document』には、パスポートを添付します。

 

これらを添付するためには、残高証明やパスポートを『jpg』または『PDF』ファイルにしておく必要があります。

 

また、ファイル名は日本語ではなく必ず『英語のファイル名』にしておきましょう。

 

パスポートは『Passport』と記入し、残高証明は『Bank statement』と記入しましょう。

 

オーストラリアのワーホリビザに添付する残高証明を取得する方法

 

オーストラリアのワーホリビザに添付する残高証明を取得する方法は、ご利用中の口座がある金融機関にて発行できます。

ココに注意

残高証明は必ず英文のものを準備してください。

金額の表記は、豪ドル日本円どちらでも構いませんが、わかりやすいように豪ドル表記のものがいいでしょう。

 

残高証明の発行は窓口または電話にて行うことが出来ます。

残高証明発行に必要なもの例

  • 通帳
  • 口座開設時に登録した印鑑
  • 身分証明書
  • 発行手数料

 

金融機関にて必要なものがちがいますので、必ず電話にて確認してください。

 

発行手数料は、500円~800円が一般的です。

 

残高証明時に必要な金額は『5,000AUD(約37万円)』が必要と一般的に言われています。

 

しかし、この金額は絶対と言い切れるものではなく、上記の金額より少なくてもワーホリビザが発行される場合もあります。

 

この判断は移民局次第になりますが、少なくとも上記の金額を証明できれば問題なくワーホリビザは発行されるでしょう。

 

残高証明を発行するタイミングとしては、『ワーホリビザ申請開始前』に用意しておくとスムーズに申請が進みます。

 

その他ワーホリビザの申請費などについては『オーストラリアのワーホリビザの申請する費用はいくらなのか?』で詳しく解説しています。

参考【最新】オーストラリアのワーホリビザ申請費用はいくらなのか?

続きを見る

 

オーストラリアのワーホリビザ申請時の残高証明添付法のまとめ

 

今回のまとめ

  • 2019年4月からオーストラリアのワーホリビザ申請時に残高証明の添付が必要になった
  • 残高証明はワーホリビザ申請の最後に添付する画面が出てくる
  • 残高証明は口座がある金融機関にて発行できる
  • 発行する場合は英文のものを用意
  • ワーホリビザの申請には、約37万円分の資金証明が必要

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-オーストラリア
-

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5