オーストラリア 英語学習

【オージーイングリッシュ】オーストラリア英語の訛りってどんなの??

こんにちは麺みかんです。

以前の記事で、ニュージーランドの訛りをご紹介しましたが、今回は、そのオーストラリアバージョンをご紹介していきたいと思います。

基本的な英語は、ニュージーランドとほぼ同じですが、オーストラリアには、オーストラリアならではの、オージーイングリッシュなるものが存在しますので、そちらを紹介していきたいと思います。

また、最後に番外編として、みなさんが間違えやすい、英語を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

https://atoz-journey.com/kiwieigo

なんでも省略しちゃう、オージーイングリッシュ

オーストラリア人はとてもめんどくさがりな人種です。

そのため、日常で使う単語をめちゃくちゃ省略します。

ここでは、そんな略語の中でも、かなり頻繁に使われるものを紹介しています。

  • Ta (Thank you)

これは、オーストラリアで過ごしていて、1番耳にする略語です。田舎に行けば行くほど耳にする回数は増えてくると思います。

よく会話の中では、Thank you Ta.のように、続けて言う人もいます。

また、オーストラリアでは、Thank you menのmenの代わりに、Thank you mateを使います。オージー同士の会話では、このmateが頻繁に使われています。

  • Aussie (オーストラリア人)

先ほどから出ている、オージーとは、オーストラリア人の事を指します。

ニュージーランドの人のことを、キウイと呼ぶような感じです。

  • Maccas (マクドナルド)

これも、よく聞く単語ですね。お昼どこ行く?Maccasでいんじゃない?みたいな感じで使われます。

  • Veggies ( vegetables )

野菜のことですね。飲食店で働く人は、覚えておいたほうがいいかもしれません。

  • G’day  (Good day)

こちらは、挨拶の時に使われます。よく G’day  mateと話しかけてきます。意味はHey men!みたいな感じです。適当にHeyとか、How are youとか言っておけば大丈夫です。

このように、なんでも省略しちゃうんですね。Taなんかは最初、何を言われているのかわかりませんでした。

  • Smoko (スモーコー)

Smoke & Coffee Break のことで、仕事の合間の休憩時間のことを言います。

まだまだありますが、ここでは特に聞くものを紹介させていただきました。

オージーイングリッシュ独特の言い回し

言い回しの中でも、オージーイングリッシュには独特のものがあります。



  • How’s it going  (How are you)

こちらは先ほど紹介した、 G’day  mate と同じぐらい使われています。

返事は、Not muchやGood などで大丈夫です。日本で習うI'm fine Thank you and you?なんて間違えても言わないようにしましょう。多分笑われます。

  • No worries ( Don’t worry )

これもめちゃくちゃ使います。意味は、大丈夫や心配ないといった意味ですが、Thank you の返しにYou are welcomeの代わりに、No worriesを使います。

これも、飲食店で働く人は、覚えておいたほうがいいです。

  • It’s all good ( no problem )

これも、接客の時によく使う単語です。会計が済んだ後に it’s all good  Have a nice dayみたいな感じで使います。

  • Easy Peasy ( very easy )

超簡単!楽勝!といった意味です。これ出来る?といった質問に対して、 Easy Peasy と使います。

これからの言い回しは、日常会話でよく使うので、覚えておいたほうがいいかもしれません。

オーストラリアで知った単語

ここでは、ニュージーランドのワーホリ時代には、聞いたことが無かった単語を紹介していきたいと思います。(と言っても、わたしの英語力が低すぎるので、単に知らなかっただけかもしれませんが...)

  • Fizzy

これは、いわゆる炭酸飲料のことを、言います。コーラとかスプライトなどをまとめて言うそうです。これを最初に言われた時は、え?ここオーストラリアでフィジー(国の方です)じゃないけど?なんて思っていました。また、これ以外にも、bubbleなんていったりもします。

  • lemonade

これもドリンク関係なんですが、オーストラリアでは、スプライトのことを、レモネードと呼びます。なので、レストランで働いているときに、Can I get a lemonade ?と言われたスプライトを出すようにしましょう。わたしは、これが分からずに、有りません!といったら、いや、あるよ!と言われました。

  • Flat out (忙しい)

こちらは、Busyをもっと砕いた感じのニュアンスです。わたしはずっとこのFlat outが、コーヒーのFlat Whiteに聞こえていて、なんでこの人は、コーヒーの話をしているんだろうと思っていました。

日本人がよく間違えている英語

最後に1つ、みなさんがよく間違えている英語をご紹介します。

この英語を使っていると、最悪の場合引かれてしまう場合があります。

その英語がこちら、I envy you

たぶん、うらやましいとか、いいなー的な感じで使われている方が、多いかと思いますが、これは間違いです。正確には、間違いではないですが、ネイティブからすると、違和感があるように感じられるそうです。

多分辞書で、うらやましいと引いて、出てきた例文なんでしょうが、一般的にうらやましいというときに使われるのが、  jealous です。会話の中では、 I'm so jealousなんて使われ方をします。

例えば、

I bought a new car(新しい車を買ったんだ)                 

Wow I'm so jealous(えぇーいいなー)

envyもjealousどちらもうらやましいという意味の単語ですが、envyは七つの大罪からきている、嫉妬の意味合いが強く、日本語で言う、妬み嫉みに近いため、ネイティブの方は、あまり使いたがりません。

どうしてもenvyを使いたい場合は、かなり皮肉めいたことを言うときに、使いましょう。

例えば、

I got a new boyfriend! (新しい彼氏が出来た!)

(あんたなんかに?って意味を含めて)I envy you (よかったねー)

こんな感じで、嫌みったらしく言ってやりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

各国に色んな方言や、独特の言い回しがあって面白いですよね。

今回紹介したのは、ほんの1部ですので、気になった方は、調べてみて下さい。

また、英語の間違いも、日本で習ったのは間違っていたなんて、場合もあるので、注意が必要ですね。

それでは今回は、この辺りで。

ランキング参加中です。少しでも参考になったよって方は、下のボタンをポチッとしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-オーストラリア, 英語学習
-, , , , , , , , ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5