オーストラリア ワーホリ情報

【オーストラリアで車購入】オーストラリアで車があると便利なこと

こんにちは麺みかんです。

みなさんは、海外で車を運転したことはありますか?

わたしは、ニュージーランドとオーストラリアで車を運転したことがあります。

ニュージーランドもオーストラリアも、日本と同じで左車線、右ハンドルなので運転しやすいです。

また、少しの間の旅行であれば、レンタカーでも問題ありませんが、ワーホリや留学となれば、車があると便利だと思いませんか?

そんなことで今日は、オーストラリアで車を購入した時の、いいこと、悪いことを紹介していこうと思います。

オーストラリアでの車の購入の仕方

まず、オーストラリアでの車の購入の仕方は、大きく分けて2つです。

個人間で売買するか、ディーラーを通して購入するか

多分、ほとんどの方が、前者の方だと思います。

この個人間で売買する方法、簡単に説明すると、売り手が、値段設定して、売りに出す。それを買い手が了承すれば、契約成立。簡単ですね。

これはすごく簡単に書きましたが、買う側は、ちょこっと書類を書くぐらいで、ほとんど何もしなくても大丈夫です。売る方は、少し面倒なことが2,3あるの、それはまた別の記事にしたいと思います。

名義変更などの、詳しい手続きは、こちらの記事に詳しく書いてありますので、そちらを参照ください。

https://tabiken.com/au/convenient/car/

では、肝心の車の探し方ですが、日豪プレスなどのクラシファイドで探すのが、一般かと思います。わたしは、ファームで一緒に住んでいた、韓国人のスーパーバイザーが国に帰るからっと言って、安価で車を譲ってくれました。

安い車だと、1500ドルぐらいで売っているものもあります。ここで大事なのが、必ずインスぺに行くこと、行って自分の目で確認することが大切です。

大まかな確認事項は、

  • REGOの残りの期間(自賠責みたいなものです。)
  • RWCは売り手が用意してくれるのか(車検みたいなものです。)通常RWCは売り手が用意します。
  • 何キロ走っているか
  • クーラーは作動するか
  • 窓は動くか
  • ライトはつくか
  • などなど

REGOとRWCは売る時に必須なので問題ないかと思いますが、それ以外は、要確認したほうがいいです。走行距離に関しては、オーストラリアの車はちょっとおかしいので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。普通に20万キロとか25万キロとかあります。

1番困るのはクーラーが故障している。クーラーがないと、夏場死にます。

また、購入した時には、問題なかったけど、しばらくして動かなくなったなんて話も良く聞きます。そういったこともあるので、半ば運みたいなところもありますが、注意しておくことに越したことはないです。

ちなみにわたしの車は、28万キロで、1500ドルで購入しましたが、一度も壊れることなく、なんの支障もなく、ゴールドコーストとメルボルンを往復しました。

これがその車です。

カムリのキャサリンちゃんです!

わたしの場合、運よく知り合いから譲ってもらえましたが、やはり知っている人からのほうが何かと安心です。

ブリスベンやゴールドコーストなんかですと、ファームから帰ってきた人などが、多いので職場の人に一度聞いてみるのも、いいかもしれません。

車があってよかったこと

では、車があってよかった事は?

まず初めに、移動の幅広がります。今までバスや電車で行っていたところや、バスなどでは行きにくい場所、例えば、郊外の観光地などには役立ちます。

わたしは、ファームが終わった後、メルボルンに帰ってきましたが、その際も車で移動しました。

ファーム生活で増えた荷物(布団や食品)を運ぶのにも楽ちんでした。



また、メルボルンには、郊外にたくさん観光地があります。

グレートオーシャンロードや、グランピアンズなどは、多くの人はレンタカーを借りて行くと思いますが、その際にも車があると便利でした

あとは、わたしは通勤にも車を使っていました。

職場が郊外にあったのですが、バスと電車で乗り継いで行くと1時間半かかるところを、車だと30分で行けたので、ここでも役に立ちました

1番役に立ったのは、買い物の時です。お米や、お水など重たいものを買ったときも車があれば便利でした。

まだまだありますが、あげていくと、きりがないので、この辺にしておきます。

また、オーストラリアは道が日本に比べ広く、景色も良いので、運転するのが好きな人は、ぜひ車を購入してみてはいかがでしょうか。

日本に帰ってきたときに、オーストラリアで運転してた!なんて自慢も出来ちゃいますよ!

車があって良くなかったこと

いいことがあれば、悪いこともあります。

車があって1番困ったのが、住むところです。駐車場がある、あるいは、家の前が駐禁スペースではない場所を探さないといけなかったので、そこが苦労しましたが、シティから離れると意外と多いです。

次に、維持費がかかる。ガソリン代、洗車代、その他エンジンオイルや、ワイパーなどです。まあ1番大きいのはガソリン代ですね。わたしは、通勤でも使っていたので、2週に1回は入れていましたが、オーストラリアのガソリンは、結構値段が変動します。今まで113セントだったのに、次の日には160セント、なんてことがよくあります。今日安いなっと思ったら、入れておくことをお勧めします。

他には、罰金が痛い。オーストラリアは駐禁の取り締まりが厳しいです。最初の頃は、標識の見方が分からなくて、駐禁スペースに停めては、罰金、停めては、罰金と罰金だけで200ドルぐらいは払いました。(1回で大体70ドルぐらいです)

あとは、売る時にちょっとめんどくさいです。 買い手がなかなか見つからなかったり、RWCをとったり、取るために修理したりなど、意外と出費が大きいです。スムーズに売るためにも、こまめにメンテナンスをすることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

わたしは、約9か月ぐらい車を使っていましたが、その間に、ゴールドコーストとメルボルン間を往復、間にシドニーに寄ったり、グレートオーシャンロードやバイロンベイなど、色んな観光地にも行けました。

色々いいところを書いてきましたが、本当に良かったのは、行きたくなったら、すぐにどこにでも、行けるということです。

あ、最後に大事なことを書くのを忘れていました。

車を買った最大の目的は、ファームでのピックアップ費を稼ぐためです。

ファームによっては、車を持っていない人は、毎朝迎えに来てくれますが、毎回ピックアップ費が徴収されます。その場で払う場合もあるし、給料から天引きされるとこもあります。

ファームによって違いますが、大体、1人1日、5ドルから7ドルぐらいです。

5人乗りの車の場合、4人からピックアップ費をもらうことが出来ます。1日20ドル以上稼げるし、半ば強制的に毎日働かされるので、ピックアップ費だけで家賃を払えるかもしれません。

ファームに行く人は、絶対、車を購入していったほうがいいです。

1番大事な情報が、最後に来てしまい申し訳ありません。

次回は、カムリのキャサリンと行った、メルボルン郊外の観光地を紹介していきたいと思います。

ランキング参加中です。少しでも参考になったよって方は、下のボタンをポチッとしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-オーストラリア, ワーホリ情報
-, , , , , , ,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5