ワーホリ情報

【海外の友達を作りたい方必見】みかんの語学学校での過ごし方

こんにちは 麺 みかんです。

今回は、私が実際に語学学校に通ってみて感じたことを書いていきたいと思います。

せっかく海外まできて学校に通っているのに、英語がなかなか上達しない、外国人の友達がほしいけど、どうしたらいいのかわからないって思っている人も多いんじゃないでしょうか。

一人一人にピッタリの留学プランをご提案!カウンセリング無料の【Global Dive】

学校での過ごし方その1

とにかく話しまくる。先日、語学学校の初日の件でも書きましたが、特に日本人は話さないというイメージが他の国の人から持たれています。

これをまずは払拭するためにも、とにかく声をかけましょう

最初は、Hi how are you? から始めてみましょう。そのあとなんてない会話でもいいので、話しかけましょう。例えば、 Have you finished your homework? (宿題もうやった?)とか、 It's hot today. (今日は暑いね)なんかが簡単で話しやすいんじゃないでしょうか。

海外の方は、とても話好きですので、街を歩いているだけでも、すれ違った人から、君の靴いいねとか、カフェの定員さんに君のピアス好きよみたいによく話しかけられます。

なので恥ずかしがらず、話しかけましょう。少し会話に慣れてきたら、お互いの趣味の話をしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

  •  How do you spend your free time? (暇なとき何してるの?)
  • I really like watching  move( 映画見るのがめちゃくちゃ好きなんだ)

他には、復習もかねてその日習ったフレーズを使って会話してみるのも上達する近道です。

してはいけない過ごし方

これは多くの学生がやっていることですが、同じ国の友達とだけ固まることです。

確かに言葉が通じるので、すごく楽に感じますが、せめて学校ではやめたほうがいいです。

私もニュージーランドで知り合った日本人の友達はたくさんいますが、学校で会っているときや、他の国の友達と遊んでいるときは、英語で会話していました。

また同じグループに日本人がいると、会話の中でわからなかった単語を教えてもらうことが出来るので、そういった助け合いは必要なのかなとも感じました。

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

過ごし方その2

学校に行って、友達に挨拶したら次は授業です。

授業もとにかく発言しまくりましょう。

生徒12~15人に対して先生は1人です。

発言したほうが先生の目に留まり、間違っていることは指摘してくれますが、発言しないとそれもしてくれません。

また授業中はよく隣の席の生徒とペアになることがあります。その場合でもとにかく話しかけましょう。特に南米系の生徒は文法を全く知らないので、教えてあげると喜ばれます。

これも前回書きましたが、誰もあなたの文法が合っているかどうかなんて気にしていません。またみんなあなたと同じクラスにいるのだから、同じレベルです。臆せず話してみてください。

外国人の友達の作り方

ここまで来れば外国人の友達を作るのは簡単です。

飲みに誘いましょう。

授業が終わって何もなければ、気軽に誘ってみてください。

  • Are you free to go out for drinks at tonight.(今晩暇なら飲みに行かない?)
  • Let’s go grab a beer (ちょっとビール飲みに行こうよ)

こんな感じで誘えばいいと思います。誘ったら何時にどこで会うかまで決めておくといいです。

  • What time can you meet us at the bar?  (何時にバーで会う?)

特に外国人は時間にルーズですので、時間になっても来ないなんてことはよくありますので、気にせず待つか、先に入ると言って店に入っていましょう。

慣れてくると、飲みに行くときは、Drinks tonight? みたいにシンプルに誘う場合もあります。

また飲みに行くと今度はそのバーで出会った人と友達になることや、私の友人は、バーで知り合った人に仕事まで紹介してもらっていました。

色々な場面に誘うためのフレーズ

  • Let’s hang out (遊びに行こう)
  • Would you like to  chill out(ちょっと一息つきませんか?)
  • How about going to beach(ビーチに行くのは?)

また誘われた場合は

  • Thank you for inviting me(誘ってくれてありがとう)
  • Let me think about it. (ちょっと考えさせて)
  • Sounds fun (楽しそう)

このsounds ~は色々な場面で使えるので覚えていたほうがいいです。

  • Sorry but I can’t come (ごめん、いけない)

上記のはほんの一部ですので、これから誘ってみるという方は、まずご自身で調べてみて、自分にあったフレーズを使ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。いま留学している方で思い当たる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分の英語力上達のためにも

  • とにかく話しかけてみる
  • まずは簡単な挨拶から
  • 慣れてきたら、趣味の話なんかも
  • 話せるようになったら、飲みに誘ってみる

留学やワーキングホリデーでは色んな人との出会いがあります。その出会いをぜひ大切にしてください。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

次回は、ニュージーランドに来て1か月経った頃のことを書いていきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みかん

ニュージーランド、オーストラリア、カナダ(現在滞在中)の3か国にワーホリ、13か国へ旅行経験ありの、海外生活大好き人間です! ワーホリ中の現地情報や、海外旅行のお得な情報を発信していきます!!

-ワーホリ情報
-,

© 2020 AtoZブログ Powered by AFFINGER5